【電子ギフト取引所の危険性】

数ある電子ギフト取の所では、数多くの電子ギフト券が取引されていますが、トラブルも相当数報告されています。
「主なトラブル」。

Amazonギフト券
1.アカウントの閉鎖
不正なAmazonギフト券を電子ギフト取引所で購入し反復して登録したとみなされた場合。
2.Amazonギフト券のロック。
電子ギフト取引所で購入したAmazonギフト券が詐欺被害で購入されたギフト券だった場合。
3.Amazonギフト券の無効化。
電子ギフト取引所で購入したAmazonギフト券が詐欺被害で購入されたギフト券だった場合。
4.登録したギフト券の保留。
ギフト取引所で購入したAmazonギフト券が詐欺被害で購入されたギフト券だった場合。

(Amazonギフト券細則)
ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません。これらの制限に反して取得されたギフト券につきましては、アマゾンまたはその関連会社は、利用をお断りする場合がございます。アマゾンサイトのアカウントに登録されたギフト券の未使用残高は譲渡できません。
不正行為 ギフト券が詐欺その他の不正行為によって作成または入手された場合は、アマゾンまたはその関連会社は、関連するお客様のアカウントを閉じ、当該ギフト券の使用を保留または拒否し、他の支払方法を要求することができます。

(WebMoney利用規約)
お客様又はお客様が保有するWebMoneyや媒体が以下のいずれかに該当し、又は該当するおそれがある場合、当社は、当社の判断により、お客様によるWebMoneyのご利用をお断りするか、又はWebMoneyの全部又は一部のご利用を中断もしくは停止することができるものとします。
(1)不正な手段もしくは当社が推奨しない入手方法(WebMoney販売店以外の者からの取得を含む。以下同じ。)にてWebMoney(当該WebMoneyから引継がなされたWebMoneyを含む。)もしくは媒体を取得し、又は不正な手段もしくは当社が推奨しない入手方法により取得されたWebMoneyもしくは媒体であることを知りながら利用した場合。
(2)WebMoney又は媒体が改竄、偽造又は変造されたものである場合。
(3)お客様がリアルマネートレードやマネーロンダリングに該当する行為もしくはこれらに類似する行為を行っていると当社が判断した場合。
(4)お客様が本規約に違反した場合。
(5)警察や裁判所その他の行政機関から要請又は命令があった場合。
(6)不正に金員を詐取する目的その他の不正な目的でWebMoneyを保有又は利用した場合。
(7) 預金目的で資金移動サービス型WebMoneyを保有又は利用した場合。
(8)上記の他、当社が不適切と判断した場合。
前項の場合、利用を停止されたWebMoneyの利用可能残高は失効するものとし、当社は、WebMoneyを利用できないことによりお客様に生じた損害及び失効した利用可能残高について、一切責任を負わず、また、お客様に対し何ら補償も行わないものとします。また、お客様が保有するWebMoneyを第三者が利用した場合も同様とします。